日体受験コース

日本体育大学の入試に対応したコースです。
受験科目、実技種目の選択肢がないことで、早い段階から集中して取り組みやすい利点があります。

対象大学

日本体育大学

日本体育大学を目指すカリキュラム

平成26年度入試から学科試験の比重が高くなったとはいえ、学科と実技のバランスが体育系でも最も必要とされる大学であることは間違いありません。
国語、英語、体育実技の授業をバランスよく配置し、志望学科に確実に合格できる実力を最短期間で養成します。
国語は語彙力と読解力を中心に学習し、英語は基礎学力を時間をかけて養成し、徐々に応用力を養い発展問題を解ける力を付けていきます。

国語

難しくなくても1問あたりの配点が高い国語の場合、正確に得点する力をつける必要があります。時間をかけて基礎を固めることで、直前期の伸びを可能にします。「覚える」のではなく「考える」のだということを徹底して学習していきます。

英語

応用レベルの文法問題対策と語彙力増強による読解問題対策の後は、日体大頻出の二文一致問題や整序問題を形式別問題集で、また英問英答は日体独特の問い方を把握できるよう独自のマニュアルを用いた授業を行うことで、入試に必要な英語力を身につけていきます。

体育実技

スターティングブロックを使ったスタート練習、走り込みを中心とした練習で50m走の記録を短縮させると同時に、体幹や下肢全体を鍛えるトレーニングを行い、上体起こしのカウント数を増やしていきます。


合格までのプロセス!


コレで最強! 選択・オプション講座

数学・生物

平成26年度から新設された保健医療学部の入試では、必須科目の他に数ⅠA または生物Ⅰの選択科目が必要となります。この講座では、基礎の確認から始め、初年度の出題傾向に沿って問題演習を行い基礎力を応用する力を養っていきます。

基礎現代文

通常授業よりもやさしめの問題を、時間をかけて解いていきます。問題文を正確に読み込む練習からはじめ、入試レベルの読解問題がスムーズに解けるところまで仕上げます。

基礎英語

授業で学習した範囲の内容を演習問題形式で数多く解いていきます。そしてその場で解説を聞き、文法問題の解き方を身につけていきます。