合格体験談

OB&OGの合格体験談

名前:伊藤 颯さん

校舎:藤沢校

出身高校:大和南高等学校

部活動:野球部

合格大学:
日本体育大学 体育学部 社会体育学科
国士舘大学 体育学部 スポーツ医科学科
東海大学 体育学部 体育学科

受験方式:一般入試

日本体育大学のオープンキャンパスの際にアスリートの方と話し、校舎の雰囲気を見て、ここで勉強すれば合格により近づけるだろうと思い、入塾を決めました。同じ目標を持った仲間と切磋琢磨しながら受験に向かって頑張ることができて良かったです。

受験期間中に支えてくれたのは、やはり周りの人たちです。家族はもちろん、AO 入試や推薦入試で合格した人たちからも、「お前なら合格できるよ」などと声をかけてもらったのがとても支えになり、この支えがあったからこそ合格できたと思います。合格の通知を見た時、嬉しすぎて今までやってきたことは間違っていなかったんだと思うことができました。

とても辛い道のりだったけれど、受かった瞬間のこの気持ちは一生忘れないと思います。それほど嬉しかったです。今まで支えてくれた家族、友人、そして合格へ導いてくださったアスリートのスタッフ、先生に心から感謝の言葉を言いたいです。本当にありがとうございました!

名前:久野 三紀弘さん

校舎:横浜本校

出身高校:日本大学第三高等学校

部活動:バドミントン部

合格大学:
日本体育大学 保健医療学部 整復医療学科

受験方式:AO入試

アスリートは、授業中の雰囲気が他の塾にはないような元気いっぱいな雰囲気で、日々の授業がとても充実したものでした。体育大学を目指す以上は、しっかりとした意気込みと気合をもって勉強することが大事だと思いました。AO 入試の課題シートを書く日々に追われ、内容などに詰まってしまい精神的に辛い時に、アスリートの講師の方々や、共に頑張る他の生徒が居たことはとても支えになりました。

一人では絶対に挫けてしまったものを乗り切ることができたのは、そういった人たちが支えてくれたからだと思います。将来、柔道整復師の資格を活かして、最終的にはNATA のアスレティックトレーナーとして多くのスポーツ競技者を支えていきたいと考えています。

2020 年の東京オリンピックを前にし、スポーツ社会が盛り上がってきている中で、少しでもスポーツ社会に関与し、人々がよりスポーツで盛り上がることができるように社会に貢献したいと考えています。

名前:向地 夏樹さん

校舎:池袋校

出身高校:東久留米総合高等学校

部活動:サッカー部

合格大学:
日本体育大学 体育学部 健康学科

受験方式:一般入試

高校の先輩がアスリートに通って日体に合格したことがきっかけで入塾しました。一人で勉強するよりも、大勢と一緒に勉強した方が刺激を受けてやる気も出るし、なによりも仲間の存在が大きかったです。リラックスできるし、良いことがたくさんありました。正直、部活をしている時は塾の勉強が結構つらかったです。

でも、日体のサッカー部に入りたかったので、それがやる気に繋がったと思います。部活の関係で授業に出られない時には、アスリートのスタッフがサポートしてくれたおかげで両立できました。将来は、体育の教員になりたかったので、日体を選びました。自分の中では体育大と言えば日体だったので、合格できて最高です!!!

名前:今村 優さん

校舎:池袋校

出身高校:日本音楽高等学校

合格大学:
順天堂大学 スポーツ健康科学部 スポーツ科学科

受験方式:AO入試

私は順天堂大学の少人数制に魅力を感じ志望しました。少人数であれば、個々の興味に沿って細かい質問ができます。バレエについて研究したいと考えている私にとって、この環境はとても良い環境だと考えました。また、寮生活で出会った仲間から、客観的に意見をもらえることも魅力の一つです。入試前の苦しかった時には、アスリートのケアスタッフの方々に支えられました。迷ったりした時は、すぐに相談に乗ってもらいました。

話を聞いてもらい、気持ちを切替えていました。他には、合格した後のことを考えて計画を立てたりしながら辛いときは乗り切って頑張りました。AO入試を受験したことで、自分の将来について考える時間がたくさんあったので、ふわっとイメージしていたものをより明確にすることができ良かったです。

名前:山崎 萌乃さん

校舎:横浜本校

出身高校:瀬谷高等学校

部活動:男子バスケットボール部マネージャー

合格大学:
日本体育大学 体育学部 体育学科

受験方式:AO入試

アスリートは、どの塾よりも仲間がたくさんできる塾だと思います。私はアスリートに来て、たくさんの仲間ができました。ここでできた仲間とかけがえのない大切な時間を過ごし、共に切磋拓磨して勉強した日々は、私にとって今までで一番濃い時間でした。どんな時も支え合い、時には笑い、時には泣き、たくさんの思い出が詰まった日々、アスリートの仲間は私の宝物です。

私の将来の夢は、アスレティックトレーナーです。高校でマネージャーをしたことで、選手を支えることの重要性や喜びを知り、仕事にしたいと考えました。精神、身体の両方から支えることで、選手から信頼されるアスレティックトレーナーになりたいです。

周りの人への感謝を忘れずに、日本体育大学に合格した誇りを持って、将来に向けて努力を積み重ねていきます。

名前:宍戸 鶴紀さん

校舎:船橋校

出身高校:松戸六実高等学校

部活動:ソフトテニス部

合格大学:
国士舘大学 体育学部 こどもスポーツ教育学科

受験方式:一般入試

高校の先生に体育大に行きたいことを伝えると、アスリート体育大予備校を紹介されました。紹介されたその日に船橋校に寄り、たくさん説明をしていただき入塾を決めました。アスリートに入って、同じ大学を目指している仲間と励まし合ったり競い合ったりすることで、毎日とても良い刺激を受けることができました。授業の日は仲間と一緒に勉学に励み、試験の前日はみんなで合格しようと士気を上げました。

結果発表の日は友達に心から「おめでとう」と伝える、そんな船橋校でのやり取りが一番の思い出です。また、前期試験に落ちてとても落ち込んでいる時に支えてくれたのは両親でした。「ここで諦めたら今までの頑張りが無駄になるぞ」と言ってくれ、再び頑張ろうと思えるようになりました。志望大学に合格できて本当に嬉しいです。頑張ってきて本当に良かったです。

大学入学後は、自分の夢に近づけるように引き続き勉学に励みたいと思います。

名前:若林 柚奈さん

校舎:船橋校

出身高校:鎌ヶ谷高等学校

部活動:バスケットボール部

合格大学:
順天堂大学 スポーツ健康科学部 健康学科
日本体育大学 体育学部 健康学科
国士舘大学 体育学部 こどもスポーツ教育学科
日本女子体育大学 体育学部
スポーツ健康学科 健康スポーツ学専攻

受験方式:一般入試

受験生活を支えてくれたのは、アスリート船橋校の友達でした。体育大に行きたいという同じ目標を持った仲間達と一緒に頑張れたことで、分からないことを聞き合い、教え合ってみんなで乗り越えることができました。生徒だけでなく、先生も一丸となって試験に向かうアットホームな感じは、一人で追い込み過ぎる自分にとって、とても良い環境であったと思います。

英語の長野先生は常に自分の支えでした。また、試験直前・直後のケアスタッフ砂原さんも私の癒しでした。高校の体育の先生が順天堂出身だったことがきっかけで順天堂大学を目指しました。AO入試や推薦入試を通して大学を調べ、実際に見るうちに、この大学に絶対行きたいと思うようになりました。

志望校に合格できて本当に良かったです。将来の夢は、中学校、高校の保健体育の教員になることです。頼られる、かわいい先生になりたいです。

名前:酒井 麻里花さん

校舎:藤沢校

出身高校:大磯高等学校

部活動:バスケットボール部

合格大学:
文教大学 教育学部 学校教育過程 体育専修

受験方式:推薦入試

自分だけのためにメニューを組んでくれたり、場所を確保してくれたりと、私の合格のためにすごく親身になってくださって、アスリートにはとてもいい先生ばかりで驚きました。受験期に自分の学校の体育館が改修工事で使えなくなってしまって、実技試験に向けた練習場所がなくて困っていたのでとても助かりました。

私は、勉強と実技を両立するため、朝練で実技をやるなど、時間を有効に使って自主練するようにしていました。合格できて、すっごく嬉しいです!今まで頑張ってきたのが認められたような気がしました!発表を見る時はとても緊張しましたが、合格を伝えた時に友達やアスリートの先生や学校の先生がとても喜んでくれたことがとても嬉しかったです。

大学合格はゴールじゃなくてスタートだという気持ちで、これからも小学校の先生になるため、頑張りたいと思います。

名前:松永 青葉さん

校舎:池袋校

出身高校:白百合学園高等学校

部活動:器械体操部

合格大学:
順天堂大学 スポーツ健康科学部
健康学科【成績優秀者合格】
東海大学 体育学部 体育学科
日本大学 文理学部 体育学科

受験方式:一般入試

習っていたフィギュアスケートを辞めたことをきっかけに、受験勉強に切替えようと思いました。AO 入試対策と一般入試対策の両方ができるアスリートを見つけ、入塾しました。アスリートには、分からないことや不安なことを、気軽に相談できる先生やスタッフの方がいたことが安心でした。

私は学校の授業で、英語ではなくフランス語を勉強していたので、英語の勉強の方法も分からない所から受験勉強をスタートしました。そんな私にとって、志望校に合わせた的確なアドバイスのもらえるアスリートの環境が、合格への近道だったように思います。合格できて、本当に嬉しいです!! AO 入試の時、周りの子たちが合格をもらっている中、自分は不合格という結果がとても悔しくて、その後も入試直前まで不安だらけでした。

合格発表の時、自分の受験番号を見つけた時は、信じられませんでした。行きたくて仕方がなかった順天堂大学で学ぶ機会が与えられたので、1分1秒も無駄にすることなく、大学生活4年間で多くのことを吸収しようと思います。

名前:新井 健太さん

校舎:池袋校

出身高校:大宮南高等学校

部活動:野球部

合格大学:
国士舘大学 体育学部 スポーツ医科学科

受験方式:推薦入試

アスリートの吉岡さんに無料体験を勧めてもらい参加した所、成長できると感じ、入塾しました。受講料のことで悩んでいた時に、「自分がやりたいと思ったのなら、お金は気にしなくてもいいから好きなようにやりなさい」と母が言ってくれたことも、入塾の決め手の一つです。

授業では、面接練習を緊張感を持ってできたことが良かったです。誰かが面接練習をしている所を見て自分と比較し、改善点を言い合うことでとても刺激になりました。また、先生のアドバイスで何回も心が折れそうになったことが、今思い返せばとても印象的でした。支えられたのは、同じ大学を目指す仲間として一番最初に出会った友人です。共通点が互いにたくさんあり、仲良くなれて良かったです。

小論文をお互いに見せ合うことで、私は成長できたと思います。授業の帰りも一緒に帰り、たくさん笑いました。同じ大学で将来目指すものも同じなので、アスリート魂を持ち頑張ります。一生大切にしていきたいです。

名前:水嶋 菜穂さん

校舎:池袋校

出身高校:保谷高等学校

部活動:バレーボール部

合格大学:
日本体育大学 児童スポーツ教育学部
児童スポーツ教育コース

受験方式:AO入試

アスリートには、日体大に絶対合格したいという気持ちの仲間がたくさんいて、この仲間と一緒に辛いことや大変なことを乗り越えようと思えたことが良かったです。夏休みは、書類を書くことに追い込まれてとても辛かったのですが、みんなが支えてくれたり応援してくれたので、無事書類を書き終えることができました。その時、共に戦える仲間がいて良かったと思いました。一緒に夜遅くまで残ったり、授業のない日を利用して面接練習や総合考査の勉強をしたことも思い出です。

夏休み期間は、家族よりもアスリートの仲間といる時間の方が長く、第2の家族のような存在でした。合格発表を見て、すごく嬉しくて、今まで頑張ってきて良かったなと思いました。

将来、スポーツの苦手な子ども達にスポーツの楽しさを教えることができる小学校教諭を目指しています。子ども達が楽しめるよう音楽を活用して、レクリエーションのようにスポーツを指導していきたいです。

名前:杉井 勇介さん

校舎:船橋校

出身高校:磯辺高等学校

部活動:陸上競技部

合格大学:
日本体育大学 体育学部 社会体育学科

受験方式:一般入試

日本体育大学を選んだ理由は、体育の教員になり、スポーツを通じてコミュニケーションを取り、周りと打ち解け合えるような場を授業から作っていきたいと思ったからです。その夢に向かっていけるのが日本体育大学だと思いました。

日体以外は受験していなかったので、前期の一般入試で補欠に引っかかることもなく不合格で、精神的にきつかったです。それでも諦めずに毎日必死に勉強して、後期試験でその成果を結果として出すことができ、本当に良かったです。

特に支えになってくれたのは、船橋校の友人です。後期対策期間は、池袋校での授業が終わってから船橋校に戻って、毎日22時まで一緒に勉強しました。仲間がいなかったら途中で気持ちが折れていたかもしれません。後期試験前日と試験当日は、船橋校のみんなが応援に来てくれて、そこでもう一度気合いを入れ直すことができ、頑張ることができました。アスリートで頑張って良かったです。

名前:青山 寛和さん

校舎:横浜本校

出身高校:多賀高等学校

部活動:陸上競技部

合格大学:
東海大学 体育学部
スポーツ・レジャーマネジメント学科

受験方式:AO入試

地元が茨城で、土日コースで対策をしました。初めは誰一人友達が居なかったけど、夏期講習を機に東京・神奈川の友達ができ、人脈が広がり嬉しかったです。その友達も皆いい人で良かったです。月曜から金曜まで部活があり、土曜の朝5 時に自宅を出発してアスリートで勉強し、寮に宿泊し日曜日も授業を受け、夜遅くに自宅に戻るという日々が続き、休みがなく正直辛かったです。学校の授業中に眠くなることが多々あり、大変でした。でもその日々があったから今があると思います。

僕が東海大学を選んだ理由はまず、何といってもスポーツが強いということと、キャンパスが広く、とても落ち着いた雰囲気があり、四年間過ごすのに最高の環境だと思ったからです。

寮母さんと寮に住んでいる先輩達にはとても感謝しています。AO入試の論文が書けず悩み、苦しんでいた時に、「頑張ってね」と励ましの声を掛けてくださり、それが僕の心の支えになりました。

名前:白坂 佑二さん

校舎:横浜本校

出身高校:多摩高等学校

部活動:軟式テニス部

合格大学:
東海大学 体育学部 体育学科

受験方式:推薦入試

オープンキャンパスの時にアンケートを書き、後日連絡を頂いて体験授業に参加しました。テキストには要点がしっかりとまとまっているし、体育大の情報も充実しているため、この環境で努力を続ければ、東海大学の体育学科に合格できると確信したので入塾を決めました。

嬉しかったことも悔しかったことも、アスリートで過ごした日々すべてが、僕の大事な思い出です。勉強して、トレーニングをして、時には騒ぎすぎて怒られたり、すれ違って口論することもあったけど、最後は必ず皆で笑っていました。

周りの人の励ましや声援はとても大きな支えになりました。AO 入試で落ち、学科も伸び悩み、焦りを感じ、家で泣くこともありました。そんな弱い自分を「お前なら大丈夫」と励まし、背中を押してくれた仲間や先生方、そして何より、何の反対もせず応援し続けてくれた親の存在が僕に自信と安心を与えてくれました。

名前:木村 詠海さん

校舎:横浜本校

出身高校:駒沢大学高等学校

部活動:家庭研究部

合格大学:
日本女子体育大学 体育学部
運動科学科 舞踊学専攻

受験方式:推薦入試

私が日本女子体育大学を選んだ理由は、色々なジャンルを踊れることです。さらに踊りだけではなく音響、照明などの舞台制作を学べることです。踊りというものを4 年間かけて学びたいと思ったのでこの学校を選びました。

将来の夢はディズニーのダンサーになることです。中学2 年生の時にディズニーで踊ると決めてから、一度も揺らいだことはありません。今までは曖昧にしか考えていませんでしたが、大学に受かってから一気に決意が固まりました。私は4年間大学で勉強して、必ず夢を叶えます。合格は、私より両親やバレエの先生方が喜んでくれました。この合格は自分だけのものじゃないんだなと思いました。特に、おじいちゃんが泣きながら電話してくれたのが今でも忘れられません。初めておじいちゃんに恩返しができたかなと思いました。

アスリートで学べてたくさんのパワーをもらえたから合格できたと思います。本当にありがとうございました。

名前:兒玉 風光子さん

校舎:船橋校

出身高校:九段中等教育学校

部活動:バスケットボール部

合格大学:
順天堂大学 スポーツ健康科学部 健康学科

受験方式:推薦入試

志望校合格はまず、素直に嬉しいです。合格しているなんて夢にも思っていなかったので、合格が分かった時は本当に驚きました。入学式まで時間があるので普段の勉強だけでなく将来につながる勉強も進めて時間を有効に使っていきたいと思います。

アスリートでは、スポーツ好きな意識の高い仲間と共に毎日過ごすことで、つらいはずの受験生活を楽しく過ごすことができました。もしアスリートに入塾していなかったら、もっとつらく暗い受験生活になっていたと思います。私が苦しかった時に支えてくれたのは、アスリートの友人です。授業の間の空き時間や帰り道など、毎日面白いこと、つらいこと、真面目なことを話せる仲間が常にいてくれたことで、ストレスを溜め込み必要以上に落ち込むこともなく過ごせたと思います。

私の将来の夢は特別支援学校の教員になることです。様々な困難を抱えている子どもたちを色んな面からサポートし、社会で自立して生きていけるような人を育てていきたいです。

名前:廣瀬 七海さん

校舎:藤沢校

出身高校:上矢部高等学校

部活動:陸上競技部

合格大学:
日本体育大学 体育学部 健康学科
日本女子体育大学 体育学部
運動科学科 スポーツ科学専攻
日本女子体育大学 体育学部
スポーツ健康学科 幼児発達学専攻

受験方式:一般入試

授業中少しでも分からないことがあれば、少人数での授業なのですぐに先生に聞いて、教えてもらえる所が助かりました。実技の授業もあったので、体育大学を志望している方には、本当におすすめだと思います。

私は腹筋が苦手だったけれど、実技の授業をしているうちに、回数を多くできるようになりました。また、一緒に授業を受けている生徒はほとんどが同じ大学を受ける人だったので、本番を想定して走ることができました。

私は、受験が終わった後に友人と遊ぶことを考えながら苦しい時は乗り切りました。先のことを考えたら、自然と頑張ろうという気持ちになりました。私は正直、勉強が得意ではなかったけれど、アスリート体育大予備校に通うようになって、周りはみんな同じような大学を受ける人達だったので、互いに高め合って勉強ができたので、本当に良かったと思います。ここで授業を受けたからこそ、大学に合格できたと思います。

名前:上林 由佳さん

校舎:横浜本校

出身高校:相模原総合高等学校

部活動:バスケットボール部

合格大学:
国士舘大学 体育学部 体育学科

受験方式:一般入試

受験勉強を始めてから勉強をしない日はありませんでしたが、やる気が出ない時が多々ありました。そんな時、家族の応援や友達の応援、仲間が頑張っている姿を見て、自分も頑張ろうと思えました。家族の献身的サポートと友達の応援が、苦しい時に支えになりました。共に頑張る仲間がいるから頑張れました。気分がどうしても上がらない時や、モチベーションを維持するのが大変な時にすごく助けられました。

アスリートに入って1番良かったことは、最高の仲間に出会えたことです。励まし合ってなぐさめ合ってきたからこそ受験を乗り越えることができました。また、先生のアメとムチは頑張るきっかけになり、とても感謝しています。

発表日当日は、合格の2文字を見た瞬間、叫ぶくらい嬉しかったです。3、4回見直して確認しました。本当に良かったです。