難関大「選抜特進」コース

国公立大学の体育系、教員養成系学部や、一部の難関私大を受験するためのコースです。

対象大学:筑波大学/東京学芸大学/鹿屋体育大学/その他 国公立体育・教育系大学/早稲田大学/順天堂大学/日本大学/その他 難関私立大学

センター試験と一般入試に対応

3~5教科の学習に加えて実技が必要になる生徒もいるため、高いレベルの実力をつけることだけでなく、時間を有効に活用してバランス良くすべての力を伸ばしていく必要があります。できるだけ早く基礎を完成させた後、それを反復しつつ、より難易度の高いものにチャレンジしていくカリキュラムを用意しています。
なお、当コース希望者は選抜テストを行います。

週間の授業コマ数

国語

90分×2

英語

90分×3

数学

90分×3

体育実技

90分×2

古典

小論文

社会

理科

自由に選択をしてオプション科目で受講することができます。


指導方法

国語

全国から57万人が受験するセンター試験では、体育・スポーツ系学部に関わらず高校3年間でいかに力を蓄えてきたかを問われます。得意・不得意にかかわらず現代文・古典の総合力が問われる出題になりますので、速読力と論理的読解法を身に付ける授業をおこないます。また、難関私大は読解中心の設問になりますので、文章を論理的に読む力と文中から解答を導き出せる解法を養成していきます。

英語

センター試験や難関私大において文法・読解などでも質と量に対応できる能力が求められます。語彙力はもちろん各文法の単元を通して応用力をつけるためにも早い段階から入試問題に取り組んでいきます。特に配点の高い読解問題を攻略するには正確に読む力と解ける力が不可欠になります。速読を体得するためにも演習の機会をより多く取り入れて実戦力を養い入試に対応できる力を養っていきます。

数学

センター試験では数Ⅰ・A・Ⅱ・Bから選択しますが、まず、ⅠAでは方程式と不等式で考察力を養い、集合と論理などは基礎の性格を理解できる力を養います。2次関数ではグラフを読み取る能力を伸ばす授業をおこなって実戦的な力を付けます。図形では正弦定理や余弦定理、外接円・内接円などの問題を解くためにも定理や公式を定着させます。その他、確率や平面図形などの性格を理解できるように満遍なく指導していきます。

体育実技

国公立大学の実技試験は選択種目と課題種目方式に大別されます。得意種目を選べない大学もありますので、自分の適性を考慮した大学選びが重要です。得意種目を選択する場合は基本プレーとゲームなどを授業内で指導していきます。また、課題種目では特異な種目を課される大学が多く見られますので、さまざまな試験内容に順応できるように、運動機能を向上させる指導をおこなっていきます。


時間割例

 
18:00〜19:30 体育実技 数学 体育実技 英語 数学 ATHMO
キャリア教育
オプション講座
19:40〜21:10 現代文 英語 現代文 数学 英語

※使用施設等の関係で時間・内容が変動する場合があります。