資料請求 無料体験 入学案内

電話で問い合わせる

アスリートブログ 横浜本校

新聞生とお月様

横浜校の鈴木です。(数学担当)

深夜1時。新聞配達の仕事が始まります。

多くのアスリ生は就寝中?それとも勉強中でしょうか?

今期横浜校の新聞奨学生は3名。

生活のリズムが変則的でキツイ状況にありながらも仕事と勉強を見事に両立させています。

常に前向き!本当に明るい3人組です。

20170519_154819.jpg

毎朝、アスリートの駐輪場に停められた3台のバイクを見ると本当にホッとします。

20170516_111432.jpg

"ケガなく今日も無事に配達が終わったんだなぁ・・"

月.png

お月様、お願い。

どうか彼らの走る道をあたたかく優しい光で照らしていて下さい。

徳多朗

雨と虫とオッサンとジーンズの裾上げが嫌いな現代文・小論文担当、松岡拓美です。

チョコレートボックス.JPG

雨は...太陽大好き人間ですので、朝陽を浴びられないだけで、カラータイマーが点滅(←わかる人いるかな?)します。

虫は...ダメっすね。

蛾(蝶の飛び方はひらひら...蛾はバサバサ。止まる時も蝶は上品に両羽閉じなのに、蛾は電車の座席に自我を主張して余りないオッサンの大股開きのごとく羽大開き。...てか、まず、あの色がいかん!色が!)、蜘蛛(昔、僕の横で眠っていたバァチャンの顔を横切ったことがあって...はい。トラウマです。)、そして通称Ⓖ。

なんすか、あれ。

僕、ヤツと遭遇した瞬間に100m、9秒台で駆け抜ける自信あります。

よくカブトムシやクワガタムシを喜ぶ少年、いるじゃないっすか。

僕、あれ、全く理解できません。

若干、形状の違う太ったⒼじゃないっすか。

もし、虫嫌い選手権なんてのがあったなら、並居る全国の女子たちををぶっちぎって優勝する自信、あります。

そして、オッサン。

ここで改めてオッサンの定義を...

⑴臭い。

⑵ひたすら臭い。

⑶食後に口をチュッチュ鳴らす。

⑷今時、タック入り(←分かります?)のパンツ、否、ズボンを履く(with スケスケの靴下)。

⑸居酒屋で店員さんに命令口調で注文する

特に⑸ですね。

よくスーパーのレジなんかで、「ポイントカードお持ちですか?」とか、店員さんに話掛けられているのに、無視する人いるじゃないっすか。あれ、大概、オッサン(or オバさん)ですね。

すれ違う他人であっても、誰も誰かの一日を汚す権利なんてないっすよ!

僕はスーパーのレジ打ち(実はメチャ高いスキル)の人たちの質問(レジ袋お付けしますか?...的な)にもちゃんと笑顔で応えますし、お釣りの受け取りは基本、両手。「ありがとうございました!」には、会釈を返します。

誰かが気分良いと、こちらも気分良くなるじゃないっすか。

人間って良くできていて、一番の人格形成期である十代後半から二十代前半までの日々の気持ちの持ち方が顔面形状を大きく変化させるようです。

暗い気持ちでいると、人から嫌われる不愛想な顔に、日々、元気に笑っている人は輝く笑顔に...といった具合に、です。

売れっ子のアイドルや女優さんが、どんどんキレイになるのは、医学の力を借りて切ったり貼ったり...以前に、そのへんの事情があるようです。

だから「頑張って」、あるいは少々、無理して笑う。

「笑う門には福来る」。

いえいえ。「笑う門」には、人が集うのです。

そして、幸せの種も、不幸の契機も、いつも「人」が運んで来るのです。

「人」を支え、包むのも「人」ですし、「人」を傷つけ、時に殺めるのも、天変地異なんかを除けば、いつも「人」なんです。

徳太郎.jpg

画は横浜校から徒歩20分ほどの場所にある、イートインスペース完備のベーカリーショップ、「徳多朗」さんです。

週末の朝はいつも大行列。

僕はここの土日限定のチーズフランス(270円税抜)が大好きで、どんなに疲れていても、ほぼほぼ毎日曜日に、朝の焼き上がりの時間を狙って伺います。

よく、大家族なのか、「どれだけパン食うねん?」ってくらい大量にパンを購入して帰る人を見掛けますが、パンは絶~対、焼き立てに限る、と僕は思います。

横浜校周辺の我が横浜市青葉区は、優秀なパン屋さんが多い(桜台のBonn VivantとCoppet。しらとり台の住宅地にひっそりと佇むラトリエ28番地。藤が丘のもあ石窯館...などなど)のですが、ここが間違いなく自分的に日本一です。

チーズフランスとセットで戴くのが朝限定の、トースト。

徳太郎 パン.jpg

大人気の角食パンをこんがり焼いて、その上から今やプレミアもののカルピスバターをパイルダーオン(←分かる人、いるかな?)!

思わず、笑顔(ガラス張りのイートインスペースだから、道行く人から丸見え)がこぼれます。

ささやかな幸せ。悪くないっしょ。

ミモザ.jpg

≪今日の言の葉~第二回 似て非なる言葉≫

⑴「寝る」と「眠る」

...「眠る」が行動の渦中を意味するのに対し、「寝る」は、意識してその行動に入ることを意味します。

ですから、「私、授業中は思わず寝ちゃうのよ」は誤り。「思わず」=無意識、ですから「思わず眠っちゃう」が正しい。

⑵「理論」と「論理」

...「理論」が単体で、それを組み合わせたものが「論理」。

ですから「理論的に考える」や「理論的に説明する」は誤り。思考や説明はひとつの考え(理論)だけでは無理。いくつかの理論、すなわち「論理」で人は思考や説明を為し得る。

⑶「習慣」と「慣習」

...「習慣」は個人的なものですが、「慣習」は文化・風習。つまり一定のコミュニティで形成される社会的なものです。

同様に「先祖」は特定の家庭の大元ですが、「祖先」は全ての人間に相通じるの根源的存在です。

ですから「人類の先祖」は誤り。

ちなみに「アタッシュケース」じゃなくて「アタッシェケース」です。

「シュミレーション」じゃなくて、「シミュレーション」です。

「アシメトリー」じゃなくて、「アシンメトリー」。

「エスティシャン」じゃなくて、「エステティシャン」。

そして...

「的を得る」なんてダメですよ。

「的」は「射る」ものですから。

現代文・小論文講師 松岡拓美

交通安全!

こんにちは。

横浜校の永田です。

IMG_8529.jpg

先日、長男の小学校で行なわれた交通安全教室をみてきました。

小学1年生のみんなは、警察官のお話を真剣に聞いていました。

その後の練習でも、言われた事をしっかりと行なっていました。

学校帰りの小学生も交通安全教室で言われた事を、通学路で実践していました!!

えらい!!

先生が見ていないところでも行なえる!

すばらしいと感じました!!

皆さんも、小さいときの純粋な気持ちを思い出してみましょう!

先生に言われた事を「素直に聞く」ということを忘れていませんか??

これからの受験勉強でも「素直に聞く」ということは大切になってきます。

自分のやり方ではどうしようもないことは沢山あります。

まずは、先生を信じましょう!!

そして、どんなテストでも1番を目指しましょう!!

先日、山梨に行った時に遠くから撮った日本一の富士山の写真を載せます。

IMG_8669.JPG

部活も頑張る時期ですが、勉強も両立させて、両方1番を目指しましょう!!

横浜校の紹介

こんにちは。

横浜校の大平です。

突然ですが、横浜校の内部を見たことありますか?

横浜校の外観は見たことがあるけど、

内部は分からないという人に朗報(?)です!

横浜校の校舎の中を紹介したいと思います!

今回紹介するところは

IMG_1622.JPG

トレーニング室です!

ここは、授業ではもちろん使いますが、

空き時間にも自由に使うことが出来ます。

体育大を目指す生徒が集まっているだけあって

「勉強に疲れたから筋トレします!!」

という生徒が多いですね。

次回はトレーニング室の隣にある教室を紹介したいと思います。

パラレルキャリア

現代文・小論文講師の松岡拓美です。

画は僭越ながら我が家のリビング&キッチン。

IMG_0151.JPGIMG_1039.JPG

フランス・イギリスのアンティークを、働き蜂のように全国のショップからせっせと集めて、理想の空間を創ってます。

時々、雑誌なんかの撮影にも使ってもらってます。

潔癖症?

んん...ちょっと違うかも...

でも完全主義...だと思います。

衣食住、全てにこだわって、一部の隙もなく素敵でありたい...なんて思ってます。

面倒くさい?

いえいえ。

人間、こだわりの範囲が拡がると、その分だけ出会える人が増える。

楽しいことが増える。

逆にお金と時間は減りますけど(涙)...。

時代のデフォルトはグローバル化と多様化。

八百屋さんや魚屋さんじゃ物足りない。コンビニ万歳!の今だからこそ、加えて人生一度きりだからこそ、できることを全部やっちゃいたい。

行けるところならどこにでも。

転職・転業の先をセカンド・キャリアというそうですが、僕のようにそれが同時的に併行する生き方をパラレル・キャリアというそうです。

星野源さんあたりが、その典型。歌手で、俳優で、文筆家。

些少ながら僕も、本業の予備校講師以外に、結婚披露宴やパーティーの司会業(数えるほどですけど)、そしてインテリアコーディネーター的な仕事もやってます。

全て全力で。

全部、ホームの感覚で。

みんなもそうじゃないですか?

スポーツ男子(女子)の顔に加えて、今、ガラじゃない勉強家の顔も持とうと懸命に闘ってる。

でも、すぐに眠くなっちゃって...

そんなみんなに提案!

勉強も人も、アウェイ感を抱いていると実り少なく、「頑張って」好きになると、モノになりやすい。

勉強って特別なことじゃない。

ダサくもないし、暗くもない。当たり前のこと。

だったら好きになっちゃえって...

僕は、全方位的に、「わからない」と「できない」をなくしたいってずっと思って色んなことに首ツッこんでやって来ました。

「わからない」ことや「できない」ことがあるのって、悔しいじゃないですか。

だから、あきらめない。

妥協しない。

すると、どんどん楽しくなって来ましたよ。

毎日の当たり前のことが...

IMG_0150.JPG

≪今日の言の葉~第一回  恥ずかしい言葉の重複≫

「今の現状」「まわりの環境」。

これ「頭痛が痛い」と同じ、言葉の重複です。

同じく、「後で後悔」や「講師の先生」も。

「講師」は先生だから、「講師の先生」は「先生の先生」で大先生!...ってことになっちゃいます。

ちなみに僕は自分のことを「先生」だなんて一度も思ったことがありません。

「教える」なんてことも。

人は人を導けるほど尊大でも、崇高でもありません。

じゃあ、教室で何をやっているか...ですって?

それは...

共に笑い、共に涙し、共に明日を創って行こうとしているだけです。

高みを目指して。

前の5件 1  2  3