資料請求 無料体験 入学案内

電話で問い合わせる

受験は個人戦だと思っていましたが、アスリートに入ってからは、団体戦だと思うようになりました。

入塾のきっかけは何ですか?

体育大学に進学をしたいと思った時に、以前先輩から聞いた体育系大学専門の予備校があることを思い出しました。家から近い池袋校舎に体験に行きました。ここで受験勉強をしたいと思い、入塾しました。

塾生活 良かった事は何ですか?

生徒職員関係なく、気軽に話ができる環境だったことです。また、悩みを共有できる仲間が大勢いたことも良かったです。受験は個人戦だと思っていましたが、アスリートに入ってからは、団体戦だと思うようになりました。

部活との両立はどうでしたか?

部活後は体が重いこともありましたが、アスリートの授業は部活より気難しくなく、でもしっかりやる時はしっかりやって集中するといったON・OFFの切替えがしやすかったです。私生活に影響することもあまりなく、どちらもちゃんと取り組むことができました。対策を始めるのが早ければ早い程良し!(特に実技)

アスリートでの一番の思い出は何ですか?

授業の休み時間や、実技対策の授業前後の時間で、友達と話をしたことや一緒に写真を撮ったことです。ただの予備校生やクラスメイトではなく、友達と呼べるくらい仲良くなれました。その友達との何気ない会話や、みんなで撮った写真などが一番の思い出です。

進学先を選んだ理由は何ですか?

憧れの先生の母校であったことが一番の理由です。また体育系と言えば日体大という感じもするため、進学するなら日体大と決めていました。高校の先輩も数多く進学していて、とても楽しそうで、日体大に行きたい気持ちが更に強くなりました。

将来の夢は何ですか?

まだはっきりとは決まっていませんが、体育・スポーツに携わることのできる職業に就きたいです。小学校の先生や、スポーツ指導員等に興味があります。

苦しかった時に支えてくれたモノは何かありますか?

アスリートの友達やスタッフや先生、両親、学校の先生などたくさんの人に支えてもらっていました。また家族からもらったお守りも大きな支えになりました。

合格した今の気持ちを率直に教えて下さい!

両親から浪人はさせられないとずっと言われていたので、合格できなかったら専門学校に進学するか就職しか選択肢がありませんでした。最後の最後に合格できて本当に良かったです。欲を言うと、前期試験でどこかしらに合格できていたら、後期試験の時に焦らず落ち着いて受験することができたのにと、悔いが残っています。でも合格できて本当に良かったです。アスリートに感謝しています。