資料請求 無料体験 入学案内

電話で問い合わせる

仲間と教え合ったりすることで気分転換ができたので、プレッシャーに押しつぶされそうになることはありませんでした。

入塾のきっかけは何ですか?

東海大学のオープンキャンパスでアスリートのアンケートに協力しました。その後電話をもらい受験について相談をし、親身に話を聞いてもらいました。体育大学受験の対策を受けられるところに魅力を感じ、入塾を決めました。

塾生活 良かった事は何ですか?

実技対策の授業で、定期的に体を動かすことができたことです。仲間と教え合ったりすることで気分転換ができたので、プレッシャーに押しつぶされそうになることはありませんでした。また、試験会場でも仲間がいたことでリラックスすることができました。

部活との両立はどうでしたか?

引退前は、土曜日の最後のコマの授業だけ参加していました。試合の後や練習が長引いた時は大変でしたが、引退後受験勉強にスムーズにシフトチェンジできたので良かったです。また実技対策の授業に参加することで、引退後体力が落ちることがなかったので良かったです。

アスリートでの一番の思い出は何ですか?

一番の思い出は実技対策の授業です。実技の授業は先生にはもちろん、仲間にも見てもらい改善をしていくことで、試験の練習だけでなく多くのことを学ぶことができました。

進学先を選んだ理由は何ですか?

日本体育大学は、私の将来の夢である高校の体育教師の免許を取得することができるからです。また、教員の育成にも力を入れている点に魅力を感じました。免許が取れるだけではなく、実技の授業も多く実践的な訓練を積むことができ、夢の実現に近づけると思いました。

将来の夢は何ですか?

運動の得意な人も苦手な人も、運動が楽しいと思える授業を展開する体育教師になることが夢です。

苦しかった時に支えてくれたモノは何かありますか?

アスリートで一緒に学ぶ仲間達がいてくれたことが一番の支えでした。その他では、大好きなGReeeeNの曲を聴いて気持ちを高めたりしていました。

合格した今の気持ちを率直に教えて下さい!

高校3年生の4月頃に入塾しましたが、本格的に受験勉強を始めたのは部活動引退後の夏休みからでした。合格することができとても嬉しいです。