資料請求 無料体験 入学案内

電話で問い合わせる

先生方は体育系大学について詳しく、大学のパンフレットに載っていないようなことも聞くことができました。

入塾のきっかけは何ですか?

日本体育大学に入りたいと考えていて、対策をすることのできる塾を探していました。オープンキャンパスに参加した際にアスリートの資料をもらい、興味を持ち話を聞きに行き、その後入塾しました。

塾生活 良かった事は何ですか?

様々な知識を身に付けることができたことです。将来の夢はあったものの、それにまつわる知識や必要なこと等、知らなかったことをたくさん知ることができました。また、同じ進路を目指す仲間がいるため、常に高いモチベーションを保つことができました。先生方は体育系大学について詳しく、大学のパンフレットに載っていないようなことも聞くことができました。

部活との両立はどうでしたか?

夏休み前まで部活があったので、部活のない日は必ずアスリートに行って授業を受けていました。部活があってアスリートに行けない日は、前回やったことを見直しして、自分なりに復習したり、足りない部分を調べたりして両立させていました。

アスリートでの一番の思い出は何ですか?

一緒に頑張ってくれる仲間と、サポートしてくださった先生に出会えたことです。

進学先を選んだ理由は何ですか?

子どもと関わる上でスポーツを取り入れたいと思い、ジュニアスポーツ指導員になるという夢を持ちました。子どもとスポーツをどちらとも学べる大学、ジュニアスポーツ指導員になるための勉強をすることができるのは日体大だったため、志望しました。また、大学自体が明るい印象で、そこに魅力を感じたことも理由の一つです。

将来の夢は何ですか?

運動することの楽しさや面白さを伝えることはもちろん、相手や仲間がいることで、スポーツはより楽しくなるということを伝えていくことができるジュニアスポーツ指導員になることです。

苦しかった時に支えてくれたモノは何かありますか?

好きな音楽、相談にのってくださった先生、頑張っている仲間と話をすること。

合格した今の気持ちを率直に教えて下さい!

AO入試で落ちてしまった時、周りの友人がAO入試や指定校で受かっていくのを見ると、嬉しい反面、自分はどうなるのか不安でした。他の大学に妥協したくなった時、私の意志をそのまま突き通して下さった先生に感謝しかありません。たくさんの知識を付けたり、何度も書く練習をしたり、大変だったけれど頑張って本当に良かったと思っています。