資料請求 無料体験 入学案内

電話で問い合わせる

自分よりもレベルの高い人がいてくれたおかげで分からないことを教えてもらえたし、追い越したいという身近な目標でもありました。

入塾のきっかけは何ですか?

同じ高校、陸上部の2つ上の先輩がアスリートに通っていたのがきっかけです。現役で合格していたので、自分もアスリートに入って現役合格を目指して頑張ろうと思いました。

塾生活 良かった事は何ですか?

周りに同じ大学を志望している仲間がいることで、同じ目標に向かって切磋琢磨することができました。その甲斐あって、学力が伸びたのではないかと思います。また、自分よりもレベルの高い人がいてくれたおかげで分からないことを教えてもらえたし、追い越したいという身近な目標でもありました。

アスリートでの一番の思い出は何ですか?

夏休みも冬休みもみんなで一緒に頑張ることができたのがいちばんの思い出です。今でも教室のどこに誰が座っていたかとか、先生の余談だったりが頭に浮かんできます。船橋校のメンバーだったから頑張れたと思います。

進学先を選んだ理由は何ですか?

体育系大学といえば日体大、というイメージだったので日本体育大学を選びました。また、施設や環境が整っていること、周りの学生もレベルの高い学生ばかりなので、その中に身を置いて、教員になるという夢に向かって自分を高めていきたいと思ったのも理由の一つです。

将来の夢は何ですか?

保健体育の教員です。中学生の時に出会った憧れ、目標とする先生に近づき、陸上部の顧問として良い指導者になりたいと思います。そしていずれは母校に戻り、後輩たちの指導をしたいと思っています。

苦しかった時に支えてくれたモノは何かありますか?

勉強が辛くなった時は、部活動に顔を出して後輩と汗を流しリフレッシュしていました。また、担任の先生にもいろいろと話を聞いてもらう時もありました。後期試験までの1ヶ月間は特に苦しかったですが、仲間と愚痴を漏らしながら勉強したことが心の支えとなったと思います。

合格した今の気持ちを率直に教えて下さい!

ようやく1年弱の努力が報われました。合格できて本当によかった、ほっとしたという感じです。ようやくスタートラインに立てました。ここからの4年間、レベルの高い環境で揉まれながら、夢に向かって頑張っていきたいと思います。
本当にありがとうございました!