資料請求 無料体験 入学案内

電話で問い合わせる

授業はとても雰囲気が良くて、分からない所があればいつでも聞けるので、理解できないまま帰ることがなかったことも良かったです。

入塾のきっかけは何ですか?

体育大学への進学を考えて塾を探している時にアスリートのパンフレットが届き、家から少し遠いけれど通うことができると思ったからです。また、体験に参加した時から、先生方や授業を一緒に受けている生徒のみんながたくさん話し掛けてくれて、分からないことや悩んでいることを一緒に考えてくれたからです。ここで頑張りたいと思い入塾しました。

塾生活 良かった事は何ですか?

アスリートにいるみんなが、同じように体育大を目指しているので座学の時も実技の時もみんなに負けたくないという気持ちが常にあるので、もっと勉強をしなければと思えました。また、授業はとても雰囲気が良くて、分からない所があればいつでも聞けるので、理解できないまま帰ることがなかったことも良かったです。

部活との両立はどうでしたか?

部活引退後、学校の文化祭の準備と勉強の両立が大変でした。夏休み中も出し物の練習があり、夏期講習と両立を頑張っていました。朝からアスリートに来て授業を受け、午前中の授業が終わったら走って駅に向かい学校に行き、夜遅くまで出し物の練習をして帰るという生活はとても大変でした。でもそのおかげで隙間時間をうまく使えるようになりました。予定が詰まりすぎてとても忙しかったけど楽しかったです。

アスリートでの一番の思い出は何ですか?

ケアスタッフの方と楽しいこともつらいこともたくさん話し合ったこと、実技の時にみんなと張り合えたこと。

進学先を選んだ理由は何ですか?

体育教員を目指しながらソフトボールもできて自宅から通えるからです。部活に重点を置きたいと考えていますが、日本女子体育大学の教員採用試験対策の授業は、部活に合わせることができると聞き、魅力を感じたからです。ここであれば勉強も部活も両立できると思い、志望しました。

将来の夢は何ですか?

地元の中学校の体育教員になって、部活動でソフトボールを教えたいです。体育の楽しさを伝え、部活では、部活引退後もソフトボールを続けたいと思ってくれる子を育てることが目標です。

苦しかった時に支えてくれたモノは何かありますか?

両親はもちろんのことでしたが、アスリートのみんなや学校の友人、顧問の先生はたくさんの悩み相談に乗ってくれたのでとても支えてもらいました。それでも苦しい時は暴食をすることもありました。他にも音楽を聞くことも良いリフレッシュになっていました。

合格した今の気持ちを率直に教えて下さい!

素直に安心しました。ソフトボールを続けられて、教員になるという夢も追いかけられるので良かったです。例年より倍率が少し高くてとても不安でしたが、合格発表を見た時、嬉しさと安心で涙が出てきました。本当に嬉しかったです。