資料請求 無料体験 入学案内

電話で問い合わせる

アスリートの仲間とは時にはライバルとして切磋琢磨し合い、時には仲間として励まし合ったので、乗り越えることができました。

入塾のきっかけは何ですか?

体育大への進学を決意していたのですが、担任の先生から体育大は特殊だから体育専門の予備校に通った方が良いというアドバイスを受け、家から通いやすいアスリートへの入塾を決意しました。チームメイトが通っていたというのも理由の一つです。

塾生活 良かった事は何ですか?

同じ目標を持つ多くの仲間がいるということです。AO入試で落ちてしまい、しばらく勉強に身が入りませんでした。その状況から脱出するためにAO入試の対策だけでなく、学科と実技の対策を追加で受講することにしました。それによってスイッチが入り、時にはライバルとして切磋琢磨し合い、時には仲間として励まし合ったので、つらい日々を楽しいものに変えることができ、乗り越えることができました。

部活との両立はどうでしたか?

受験勉強の期間、クラブは休部し、受験勉強に専念していました。

アスリートでの一番の思い出は何ですか?

塾で過ごした全ての時間が私にとって忘れることのできない思い出であり、宝物です。授業が終わるとエレベーターに箱詰めの状態で乗り、駅までの道をみんなで帰りました。ラーメンを食べに行ったり、近くのスーパーに行ったり、くだらないことで笑い合えた何気ない日々がとても幸せでした。

将来の夢は何ですか?

ATの資格を取り、ナショナルチームに帯同することです。とても厳し道のりですが、中学校の時からの目標だったATになり、これまでの自分の多くのケガの経験を活かして、精神面からも支えられ、選手の身体の変化に瞬時に察知できるような力を付けたいです。そしてたくさんの人に恩返ししたいです。

苦しかった時に支えてくれたモノは何かありますか?

アスリートのみんな、友達、家族の存在です。どんなにつらくてもアスリートの仲間といると本当に励まされ元気になりました。合格した時、自分のことのように喜んでくれて、周りの人に本当に恵まれたなと心の底から思いました。頑張れと言ってくれた友達、いつもおいしいご飯を作ってくれた親にもとても支えられました。

合格した今の気持ちを率直に教えて下さい!

本当に本当に本当に嬉しいです!合格発表は怖くて中々見ることができませんでしたが、“合格”の二文字を見た時、嬉し涙が止まりませんでした。翌朝は街中をスキップして歩きたい気分でした!支えてくれたたくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございました!