資料請求 無料体験 入学案内

電話で問い合わせる

みんな体育系の大学を目指していて、クラス全員で競い合ったりしてお互いを高め合える環境がとても良かったと思います。

入塾のきっかけは何ですか?

元々、体育系の大学に進学したいと思っていて、親に相談したところ、親がアスリート大学予備校をネットで見つけてきてくれたのが入塾のきっかけです。

塾生活 良かった事は何ですか?

アスリート体育大学予備校に通っている人はみんな体育系の大学を目指していて、クラス全員で競い合ったりしてお互いを高め合える環境がとても良かったと思います。またそれが合格につながったと思います。他には実技の練習が出来たことです。入塾していなかったら知らないようなことばかりで、そこで他の受験生と少し差をつけられたような気がします。

部活との両立はどうでしたか?

自分はほんとうに悪い例で部活が終わったにもかかわらず、夏休みにほとんど何も勉強をしませんでした。試験が近づいてきて勉強に行き詰まると夏休みにやれば良かったと何度も後悔の念に駆られました。

アスリートでの一番の思い出は何ですか?

国語の授業です。とても分かりやすく、面白い授業で、生徒がぼーっとしていたら厳しく叱ってくれました。国語だけでなく、人生の教訓を教わったような感じがしました。

進学先を選んだ理由は何ですか?

自分は日本体育大学に中学生の頃から憧れていました。その時は軽く考えていたのですが、高校3年生になり受験が近づくと行きたいと思う気持ちが強くなったのが日本体育大学を選んだ理由です。

将来の夢は何ですか?

人を助ける仕事に就くことです。今自分が考えているのは消防士などです。これも、体育系の大学を目指した理由の一つです。他には体育の先生などです。まだ明確に定まってはいませんが、大学に進学してからゆっくり考えるつもりです。

苦しかった時に支えてくれたモノは何かありますか?

学校の友達です。一時期は勉強のために朝はマックで勉強して遅れて学校へ行くという生活をしていましたが、やっぱり学校は学校で毎日行って、昼休みは普通に遊んだりした方がストレスもたまらず良い生活リズムといい気持ちのコンディションで勉強ができたと思います。

合格した今の気持ちを率直に教えて下さい!

試験を終えた日は本当に全部落ちたと思いました。でも受かっていて本当に嬉しかったです。努力や親の支えが無駄にならなくて良かったと思います。