資料請求 無料体験 入学案内

電話で問い合わせる

授業を通して自らの将来の夢、目標に向かって頑張ろうという気持ちがさらに強くなりました。

入塾のきっかけは何ですか?

高校の先輩が通っていたのと、父の勤める高校の生徒さんが通っていると聞き、日本体育大学に合格するにはアスリートしかない!と思い入塾しました。

塾生活 良かった事は何ですか?

勉強する環境が整っていて、入試当日まで常に良いモチベーションが保てたことです。授業を通して自らの将来の夢、目標に向かって頑張ろうという気持ちがさらに強くなりました。

部活との両立はどうでしたか?

正直大変でした。高校生活最後の大会とAO入試の日程が近かったため、満足のいく程練習と勉強の時間を確保できませんでした。ですが、通学時に電車の中で勉強をしたり、学校の休み時間に勉強したりと、空き時間をうまく使うことができたため、うまく両立できていたと思います。その結果、合格することができたと思います。

アスリートでの一番の思い出は何ですか?

同じ目標に向かって共に頑張る仲間ができたことです。話し合いをして意見を交換する機会が多く、それらの積み重ねが大きな自信に繋がりました。

進学先を選んだ理由は何ですか?

私が日本体育大学を選んだ理由は、各競技においてトップアスリート、指導者を多く輩出し、またその方々を育てられた先生方がいらっしゃるからです。そのような環境であれば、常に新しく正確な情報を多く身につけられると思い、日本体育大学を選びました。

将来の夢は何ですか?

高校バスケットボール界においてトップチームを指導・運営していきたいと考えています。そのためには高次な技術や能力・コーチング力・マネジメント力を身につけることが必要不可欠なので、この4年間でしっかり学んでいきたいです。

苦しかった時に支えてくれたモノは何かありますか?

正直、苦しいと感じたことはありませんでした。それは、予備校の先生方、友人そして両親が支えてくれたからだと思います。常に良いモチベーションを保つことができました。

合格した今の気持ちを率直に教えて下さい!

素直に、嬉しいというよりホッとしています。ですが、これはスタート地点に立ったところなので、今後入学するまでももっともっと勉強していきたいです!お世話になった方々に恩返しができるように精一杯頑張っていきます!